お知らせ

『サンアグスティン』お試しキャンペーン9月1日~(2017/09/01 更新)

古くから高品質コーヒーの産地として知られるコロンビア 南部ウィラ県。その中でもさらに奥地のインディオ遺跡が残る世界遺産の街ピタリトで栽培される地域限定コーヒー「サンアグスティン」はスペシャルティコーヒーが現在の地位を得る以前から、プレミアムな存在として日本に紹介されていました。当時(20年以上前)は仕入れ価格がスタンダード品に対し2~3倍と高く入手が困難でしたが、近年は生産体制が整い安定的な仕入れが可能になりました。それでも生産量は6000bags/年で、その1%60bagsを煎豆屋が買い付けています。標高1800mの高地、火山性土壌、豊富な水、朝夕の寒暖差が育んだ力強いボディと爽やかな酸味、果物のような甘みが特徴の「サンアグスティン」是非一度お試しください。店頭・通販ともに、今月は20g増量サービス致します。画像は20数年前に商社が「サンアグスティン」販促品として配布した現地のお土産で、コーヒー農家の日々の様子がリアルに表現された粘土細工、背景はインディオの石像をモチーフにした「サンアグスティン」の麻袋です。